事業継承の時期とは

事業継承とは一体なんなのか

事業継承の基礎知識を紹介

企業の経営者は、自分が年老いて一線を退いた後のことも考えておかなければなりません。社長としての業務をこなすのが、年齢的に難しくなってきたら、後継者を選び、自分の現在の地位を引き継がせます。それと同時に自分は一線を退くことになります。これを事業承継と呼びますが、一定の手続きを経て行わなければなりません。事業継承を考え始めたらその種類や方法について知っておく必要があります。

事業承継は人から人へ事業を渡すものですが、金品などの譲渡とは異なり、会社の経営権や社長の地位を渡すという点が特徴です。そして、その方法はさまざまあります。オーナー企業の場合には、現在の社長から息子などの親族へ事業を渡すのがよく見られる方法です。親族への承継は、後継者が1人である場合の単独承継の他に、会社を2つ以上に分ける共同承継があります。主に兄弟で会社を分けて引き継ぐときなどに、よく用いられる方法です。

社内の従業員で信頼できる人物がいる場合には、従業員に継承するというケースも見られます。この場合はオーナー権を保持したまま承継する方法と、オーナー権も後継者の従業員に引き継がせる方法があります。オーナー権を保持する場合には、株式を現在の社長が所有したまま、経営権のみを譲渡するというわけです。この方法を採れば、事後的に親族が社長に就任することもできるでしょう。オーナー権も放棄するやり方の場合は、株式を従業員に買い取ってもらう方法を採ります。そのため、経営権のみならず、会社が所有する財産を全て放棄することになるでしょう。

他にM&Aによる事業承継の方法もあります。外部の人に株式を売却して、経営権と所有権を放棄するやり方です。後継者に適任な人材が親族にも従業員にもいない場合などに用いられます。

Copyright © 事業継承とは一体なんなのか. All rights reserved.