事業継承の時期とは

事業継承を考え始める時期とは

事業継承を始める時期とは

現在中小企業や零細企業の経営者の地位にある人は、いずれ事業承継を考えなければなりません。いつまでも、自分が元気で社長の業務をこなして行くのが理想的ですが、高齢になって来るとそうも行かなくなるでしょう。ある程度自分が元気なうちに、親族や信頼できる従業員に事業を引き継がせておくのが無難です。

では、いつぐらいから事業継承について考え始めればいいのかという問題に直面します。まだ自分が十分元気なうちは、あまり実感が湧かないでしょう。引退したいと思うようになってからで良いと考えている経営者も少なくありません。

しかし、事業承継はなるべく早い時期に考えておいた方が安心できます。親族に事業承継させる場合には、会社の財務状況や従業員に関することなどを十分に把握しておく必要があるでしょう。そうでないと、社長としての仕事をこなすことができません。そして、事業承継をした後に、会社が十分に成長できる体勢を整えておくことがかなり重要です。早めに事業承継について考えておくことの重要性は高いと言えるでしょう。

また、経営者が十分高齢になっていて、後継者がまだ決まっていないと取引先企業が不安に感じてしまうこともあります。従業員も次の社長の候補が決まっていないことに関して、不安を抱くかも知れません。そうなると、従業員の仕事に対するモチベーションにも影響して来ます。そういった不安を取り除く上でも、事業継承について具体的に考えておくことが大切です。次の社長が決まっていれば従業員も取引先企業も安心できます。

そして、後継者にするべき人が決まったら早い段階でその育成にとりかかりましょう。経営者として会社を引っ張って行けるくらいになるまで、概ね5年から10年程度かかります。

Copyright © 事業継承とは一体なんなのか. All rights reserved.