事業継承の時期とは

後継者を育て始める時期とは

後継者を育て始める時期とは一体

事業承継をする際にM&A以外の方法を採る場合には、後継者が決まっているということになります。しかし、現在の中小企業では後継者育成に力を入れているところは、あまり多くないのが現状です。経営問題の1つとして捉えつつも、先送りにしている中小企業が多い傾向にあります。後継者育成の計画は立てているものの、実際にその計画を進めていない中小企業が多いのです。70歳前後になってから、後継者を育て始める社長も少なくありません。

しかし、後継者を育成するのには非常に長い時間と手間がかかります。社長として従業員や取引先企業からの信頼を得て、経営者としてやって行けるようになるには、5年から10年程度は必要でしょう。そのため、後継者になる人がいるのであれば、なるべく早い時期から、育成に取りかかった方が得策です。65歳で引退を考えているのであれば、遅くとも50代後半くらいの時期に始めるのがいいでしょう。

後継者を育てることは、そう簡単なことではありません。かなり手間暇がかなります。また、日々の業務と異なり、今やらないからと言って近々どうなるということでもないのが特徴です。そのため、つい後回しにしてしまいがちでしょう。

しかし、今現在自分が元気に仕事をこなせている社長でも、病気などにより引退を余儀なくされる可能性もあります。後継者育成に着手していない段階で、そのようなことが起きると、従業員や取引先企業は大きな不安を抱いてしまいます。

事業継承を考えているのなら早いに越したことはありません。今からでも始めましょう。後継者になる予定の人がまだ若すぎる場合でも、準備を始めることはできます。早く準備を開始していれば、現在の社長にもしものことがあった場合でも、スムーズに事業継承できるでしょう。

Copyright © 事業継承とは一体なんなのか. All rights reserved.